IMG_9597

Slide the City JAPAN(スライド・ザ・シティ・ジャパン)実行委員会は、米国で昨年大きな 話題を集めた、街なかでウォータースライダーを楽しむイベント「Slide the City」を 2015 年、 日本で初開催します。現在、日本初上陸となる第一回開催を、ゴールデンウイーク期間内の実施 に向けて準備をすすめています。

米国ソルトレイクシティで昨年 7 月に初開催された「Slide the City」(運営母体: Slide the City LLC)は、都心部の道路を会場に、全長 1000 フィート(約 300 メートル)の屋外ウォータース ライダーを特設して、開放感のあるなかで、大規模な水遊びを楽しんでもらう有料イベントです。 スライダーに毎秒 4 リットル程度の水を一気に放水することで、勾配角度によりますが、約 300 メートルを 30 秒程度のスピードで滑ります。陸上競技 100 メートル走の世界記録保持者並みの スピードを、街なかで体感できます。

昨年、ソルトレイクでは初開催にもかかわらず 6000 人がスライダーを楽しみ、観客動員含め ると計 10000 人にのぼるなど、大盛況となりました。また終了後にも、公式ウェブサイトで延 べ 1,000 万アクセスを突破するなど、一気に世界的な注目を集めています。

そして今年、運営母体 Slide the City LLC(本国)は、「2015 World Tour」と題し、全米はもとより豪州など世界 150 都市以上での開催を目標に掲げました。

日本では、「泡パ」や「BURNING JAPAN」など話題のパーティーを数々仕掛けるパーティークリエイター“afromance”と、「早朝フェス」の仕掛人であるハッピネスアーキテクトがタッグを組んだクリエイティブユニット“Afro&Mo.”が、米国の同母体から日本での運営権を取得。2015 年、日本にも“究極の夏季シーズンには、大都市圏を中心とした全国各所でイベントを開催する計画です。

実施に関する規格については、米国団体が規定した約 60 項目におよぶ詳細な実施マニュアルに基づき、開催場所や実施日の決定から機材設計および、着替えスペースや安全、衛生面等の確保などをすすめます。開催の詳細は順次、日本版の公式ホームページや facebook、twitter を通じて告知いたします。

日本の街なかを、巨大ウォータースライダーで、いままで体験したことのないスピードで滑る ことのできる日が、間もなく訪れます。

今後の Slide the City JAPAN 実行委員会の活動に、どうぞご期待下さいませ。

sochofes_p

<2015年初開催!>早朝フェス「Morning Gloryville Tokyo」 2015.2.18 Wed 秋葉原にて朝6:30 START

早朝フェス実行委員会(代表 ハッピネスアーキテクト)は、通勤・通学前に参加できる早朝フェス「Moning Gloryville Tokyo(モーニング・グローリー・トーキョー)」を、2015年2月18日(水)朝6時30分より、秋葉原の複合施設「3331 Arts Chiyoda(サンサンイチアーツチヨダ)」にて開催いたします。

早朝フェス「Moning Gloryville Tokyo」は、2013年5月に始まった早朝クラブイベント「Moning Gloryville」を東京版にアレンジしたイベントです。

ストレスフルな平日の朝に音楽、ファッション、エンターテイメントなど、テンションの高まる様々な要素を取り入れることで、朝の通勤・通学時間を盛り上げる、日本初の早朝フェスです。2014年7月16日(水)の第1回開催以降、毎月様々なテーマで展開しており、今回で第5回目、2015年初の開催となります。

今年のテーマは「カラフル」!新潟から日本中を盛り上げる個性派アイドル「Negicco」が朝を元気に!

早朝フェス「Moning Gloryville Tokyo」のメインコンテンツは音楽とダンス。平日の朝から、人気のDJやアーティストによるパフォーマンスやライブをステージで展開します。

2015年は「カラフル」をテーマに、朝を彩る個性豊かなアーティストを招きつつ、参加者もカラフルなドレスコードで、朝の時間を会場全体で演出していきます。

2015年初の開催となる今回は、スペシャルゲストとして、2014年12月に発売されたシングル「光のシュプール」が、12月15日付(12月1日~12月7日集計)のオリコン週間シングルランキングで5位を獲得し、現在人気急上昇中の新潟在住3人組アイドル「Negicco」が出演いたします。彼女たちの通常のライブとはひと味違ったパフォーマンスが楽しめます。

またその他にもDJとして、「泡パ」を手がけるパーティークリエイター「afromance」、クラブイベント「土曜日と君。」のオーガナイザー「Kazuhiko Asami」、アニソン、J-POPを中心に、年間120本近くのDJをこなす「お父ちゃん。」など、豪華アーティストも出演いたします。

さらに本イベントでは、ヨガやマッサージ、朝食やコーヒー、さらにはクラフト”ノンアルコール”ビールまで、平日の朝を充実させる催しを多数ご用意しております。

スペシャルゲストであるNegiccoにも、これらコンテンツに参加・出演して頂くことも検討しておりますので、そちらにもどうぞご期待くださいませ。

通勤・通学前から思い切りテンションをあげ、1日のスタートを気持ちよく切りましょう!

詳しくは…公式サイト:http://sochofes.jp/

<開催概要>

日時:2015年2月18日(水)6:30-10:30(OPEN 6:00)

場所:3331 Arts Chiyoda(2F 体育館)

チケット:前売り2,000円 (当日2,500円)

<9:00以降入場専用チケット> 前売り1,000円(当日1,500円)

<グループ割(4枚セット)>6,000円

主催:早朝フェス実行委員会

スクリーンショット 2015-01-12 14.25.04

ニューヨーク発祥の”おバカ”ムーブメントが初上陸する。日本で開かれるのは、パリなど世界数十都市で開催されている「ノーパンツで地下鉄に乗る」というオリジナルイベントを国内版にアレンジしたもの。流行中の「泡パ」や昨秋初開催された「バーニング・ジャパン(BURNING JAPAN)」などを仕掛けるパーティークリエイターafromanceと、「早朝フェス」のハッピネスアーキテクトがタッグを組んだクリエイティブユニットAfro&Moが企画し、「ノーパンツデー(NO PANTS DAY)」と題して1月11日に開催する。

今回の企画の元になっているのは「No Pants Subway Ride」と呼ばれるイベント。ニューヨークの若者7名による小さなイタズラがきっかけになり、毎年1月に各国で開催されている。

日本版の「ノーパンツデー」は、ズボン(=パンツ)なしで屋外で写真を撮り、ハッシュタグ「‪#‎ノーパンツ‬」を付けてTwitterにアップするというコンセプトにリメイク。イベントの目的は人々を笑わせるためで怒りを買うことではないこと、公序良俗に反する行為や他人に迷惑をかける行為にならないように気を配ることがアナウンスされており、ノーパンツということ以外はジャケットやハット、スカーフ、手袋などしっかりとトータルコーディネートし、あくまで”普通”を装うことが大事だという。

ノーパンツデー公式サイト